詳述・釜ヶ崎FW

前回書いた、土曜日の釜ヶ崎でのフィールドワークだが、もう少し具体的な情報と感想を書いてみる。
これは、ぼくが聞いて理解したり、考えた内容なので、不正確な点や誤りがあるかもしれないことをお断りしておきます。
事実関係の誤りなどについては、指摘していただければ幸いです。

続きを読む

「生きる意欲」と「否定的な感情」

先日のエントリーのなかで、
http://d.hatena.ne.jp/Arisan/20060110/p1

ネオリベの風潮を批判するときに「労働の尊さ」のようなことが強調されるのに違和感をおぼえる、と書いたが、その大きな理由は、「生きる意欲」を誰でもがもっているという前提が、そこでは疑われていないように思うからだ。


別の言い方をすると、「労働の尊さ」を言う前に、「生きること自体の尊さ」という感覚が皆に共有されている必要があるはずだが、今の社会の現実はどうか。
それを共有するための努力が、十分になされているだろうか。
「生きること自体」に対する肯定的な気持ちがないのに、「労働の尊さ」だけを唱えるということは、人に歯車になることを強制しているのと同じではないか。


色んなところで話題になっている毎日新聞の「縦並び社会」のシリーズだが、この回は「フリーターの実態」ということのようで、やっぱりものすごく切実に感じられる内容だ。
そう感じる人は多いだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000001-maip-soci


はじめに出てくる自殺未遂をした青年の話だけど、「もう少し生きてみようかな」という消極的な感じは、すごくよく分かる。
今の世の中に多く存在しているのは、「もう少し生きてみようかな」と思わせる程度の仕事(労働)と、そのぐらいの「生への意志」であるのが現実だ。


ニート」ということがよく話題になるが、積極的に生きる意欲が乏しければ、「働く」意欲が湧かないのは当然であろうと思う。
「意欲があるけど、不況で仕事がない」(雇用問題)とか、「働かなければ生きていけなくなったら働くだろう」(国の財政の問題)ということだけでは、問題の本質に届かない。


「働く意欲」の前提であるべき「生きる意欲」をそがれた人たちが、世の中におおぜいいるという現実を見据えることが基本で、ではこの人たちから「生きる意欲」を奪っているのは何か、というふうに問うべきなのだ。

続きを読む

働くことと生きること

こちらも以前からお世話になっているid:demianさんの一月七日のエントリーは、多くの情報が整理されて提示されており非常に中身の濃い内容でした。

http://d.hatena.ne.jp/demian/20060107/p1


これを一覧すると、いまの日本社会が置かれている深刻な状況と、将来の厳しさがひしひしと伝わってきます。
という以上に、ここに書かれている事柄の多くは、ぼく自身にとっては身近というか、あまりにも切実なことでもあるので、逆に、ここでは書きにくい部分もあります。
なので、それは一応離れて、エントリーと紹介されている記事を読んでの一般的な感想をいくつか書くことにします。

続きを読む

愛国心と「国民であること」

昨日書いた、「たまごの距離」さんの記事への言及だが、「自然な感情」の方に話が集中してしまって、あの記事の出発点である「愛国心」というテーマをスルーするみたいになってしまった。少しこのことについても書いておこう。

愛国心という心情について

まず「愛国心」について最近ぼくが思うことのひとつは、自分にはそういうものはないとおもうし、人から「愛国心を持て」というふうに強要されるのは甚だ嫌だけれども、他人に関しては、「愛国心」によって幸せになる人がいるのなら、それはそれでいいのではないか、ということだ。
これは、国家や集団のイデオロギーとしてのそれではなく、個人の感情や傾向としての「愛国心」と呼ばれるものについての話である。
たとえば、ぼくは日本はアジアの国々と和解することが大事だとおもっているし、「平和」を大切にしたいともおもっている。だが、「愛国心」を持っている人のなかにも、これに同意する人はたくさんいるであろう。「愛国心」という熱情がエネルギー源になって、ぼくが漠然と願っているよりも価値のある大きなことを、そういう人たちが実現するということもありそうだ。
いや、そういう大きいところに結びつかなくても、たとえば「愛国心」というひとつのものが、ひとりの人間に力を与え幸福にするなら、あるいは生きる支えになっているなら、それを否定するわけにはいかないだろう。

続きを読む